久しぶりのサーフィン


先日久々ににサーフィンに行ってきました。

サーフィンをはじめて2年ぐらい経つのですが、なかなか上達しないですねー。

サーフィンは、横乗り系のスポーツ(スノボーやスケボー)で一番難しいスポーツだと言われています。

その理由が、繰り返し反復練習ができないからです。

サーフィンは、まず波がないとできません。毎日近くのサーフポイントに波があるとは限らないですからね。

かと言って、波があるポイントを求めて全国をまわる、というのも非現実的ですよね。

だから、上達するのがなかなか難しいのです。

それに、波というのは、毎回違う波がきます。なのでスノボーのように反復練習ができません。

なので初心者が、サーフボードに立って波に乗れるようになるまで、平均的に半年はかかります。

まず、パドル(ボードに腹這いになって漕ぐこと)で沖に出ることも出来ないと思います。

私も、始めた頃は、波に押し戻され、漕いでも漕いでも沖に出れずに何回も心が折れました。

沖に出るためには、沖から押し寄せる波の下にサーフボードごと潜り込み波をかわしながら沖へと

出て行くのですが、これをドルフィンスルーと言います。

ドルフィンスルーをマスターしない事には、なかなか沖に出る事ができません。

パドルを継続してできる筋肉も必要になってきます。サーフポイント次第では、50メートル以上沖に出ることもあります。

コンスタントにサーフィンができればいいですが、週に1回や月に数回しかできなかったら、なかなか上達が難しいです。

ここでサーフィンの豆知識をご紹介したいと思います。

サーフィンでは、波のサイズを表すときは、体の部位で表します。

例えば、サイズが身長と同じなら、頭

サイズが腰と同じ高さの波は腰

あとは、ひざ、もも、むね、という風にサイズを表します。

ぜひ気になる方は、一度やってみてはいかがでしょうか。



Copyright © HIROTOsLIFEスタイル All Rights Reserved.